ブログ

  • 小林朋継さんの住まい

    小林朋継さんは都内に住居を構えている。先祖代々に受け継がれていて、木目の年季が感じられる住居である。趣があり、古風な感じの家である。庭には植木があり、池も設置されている。その池には錦鯉が泳いでいて、その鯉達は長年この池で生活している。その錦鯉に餌を与えるのは小林朋継さんである。毎…

  • 萩広史はどのように1万本以上も収集したのか

    日本には「1万本のワインセラー」をウリにしている会員制社交クラブもあるくらいです。一個人である萩広史が、一体どのようにしたら1万本以上も収集できたのでしょうか?もともと子供のころから切手収集をしており、収集することに喜びを見出すようなタイプの性格であることも一因ですが、1万本を個…

  • 大坪義明は妻のサポートによって昇進できました

    大坪義明は就職4年目にして係長に昇進しました。社内での人望も厚く、ビジネスの面においては全てが順調でした。そこで、そろそろ結婚してプライベートも充実させたいとと思うようになったのです。しかし、これまでビジネス一筋だったので、恋人ができたことはありませんでした。それどころか会社以外…

  • 大渕愛子の存在感

    かつて弁護士と言えば固い存在で、テレビや雑誌で見かけても法律のお話しかしていませんでした。これはメディア側の要望でもありましたが、弁護士にキャラクターなど求めておらず、法的知識のみを発揮してくれれば良いと考えられていたからです。キャラクター性などタレントが他にたくさんいるのですが…

  • 大濱民郎によってアメ車が来るかもしれない

    かつて流行は限られたメディアから生まれるものでした。テレビで注目されたり、雑誌で紹介されたりすることで、そこから消費者へと波及し、流行を生み出すようになっていたのですが、インターネットの登場以来、個人でも手軽に流行を作り出すことが出来るようになりました。インターネットのおかげで、…

  • 心理学 その成果は?

    この頃友人の勧めもあって、心理学というものを勉強しだしました。実際にやってみると面白い所もある反面、ちょっとまえに有名になったDAIGOみたいにメンタリズムとして自然と使えるようになるのはかなり難しいなぁと痛感しました。まぁ、あそこまで出来たら日常生活とかで苦労さなさそうですしね…

  • 大学教授片山哲也の紆余曲折な歴史研究人生

    片山哲也は頭は良い一方、あまり要領が悪いとは言えない人生を歩んできました。高校を優秀な成績で卒業して名古屋近郊にある私立大学文学部に入学、以後は日本史学研究室に所属して大学院にまで進みました。片山哲也はこの時、1度目の運命的な出会いを果たします。それは修士課程1年の時に、退官した…

  • 八ツ田和夫さんってどんな人?

    八ツ田和夫さんはコーヒーショップを経営しています。趣味がコーヒーを飲むことだったのですが、それが高じて自分で焙煎するようになり、結局お店をオープンすることになったというほどコーヒーに入れこんでいます。地元のコーヒー豆の卸店をすべて回り、味を確認して納得できるクオリティと味のものだ…

  • アパレルと金昌宏

    金昌宏にとって、アパレルは憧れの仕事です。現在も、彼はアパレルの何たるかについて勉強しています。彼の父親が服屋を経営しており、彼は毎日のように服を買いに来るお客さんを見ていたそうです。そんな父親の背中を見て、彼は服を売る側ではなく、作る側に回りたいと考えました。 人生におい…

    金昌宏
  • 小田倉哲治氏は、繊維会社の社長として活躍しています

    小田倉哲治は学歴こそありませんが、今や4人の子供を育て上げ、大会社の社長となって活躍している人です。社員の皆から尊敬され、頼りにされている頼もしい社長です。小田倉哲治は小さい頃は体があまり丈夫な方ではなく、小学校もあまり通えずに自宅と病院の往復のような生活を送っていました。中学に…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る